法務トラブルに対応してくれる企業弁護士

法務トラブルは小さな芽のうちに摘むべし!実際に訴訟なると莫大なお金や人力のロスにつながることがある

法務トラブルというのは、いつどこで起こるかわかりません。たった1件の債権回収トラブルや、ひとりの従業員とのトラブルが大きな訴訟に発展して、会社に深刻な被害を与えることもあります。また、法律は常に改正されており、昔からのやり方を続けていると、知らないうちに法律違反を起こしており、トラブルになってしまうこともあります。
それらを防ぐには、法律を良く知っている人物が法務リスクの管理をし、法務トラブルの小さな芽を摘んでくことが大切です。しかし実際は、小さな問題があっても、わざわざ弁護士に相談するほどのことではないと考えて行動を起こさない人も多く、リスクをそのままにしておいたために、実際に訴訟になったときに莫大なお金や人力のロスにつながることもあります。

また、弁護士に相談したいと思っても、よい弁護士を探し、連絡を取り、面談の予定を取り付けて、面談においてもはじめは会社の業務内容や状況を知ってもらうまでに時間がかかってしまいます。相談内容によっては、多忙であるなどの理由から受け付けてもらえないこともあり、なかなか実際の対策に進むことができません。

ビジネスを支えてくれる顧問弁護士は、コストパフォーマンスとメリットが大きい頼れるパートナー

しかし、企業弁護士と顧問契約を結んでいれば、少しでも法律について疑問に感じたことは、電話やメールですぐに相談することができますし、もちろん面談も優先して行ってもらえます。契約を結ぶ際の同行や代行、また法務知識に関するセミナーなどを行ってくれる企業弁護士もいます。

このように幅広い業務内容でビジネスを支えてくれる顧問弁護士は、コストパフォーマンスとメリットが大変大きい、頼れるパートナーです。
新規事業を行うときも、新たな取引を始める時も、そのリスクをきちんと考慮してアドバイスをもらえますし、また、顧問弁護士を持つことにより、契約書をきちんと作って取引を進めるようになり、将来的なリスクが減ります。顧問弁護士を持つ企業は信頼できるという評価も得られ、取引に対する法的な問題点をチェックしたり、必要な事項を盛り込んでもらえるため、有利な取引や交渉が可能となります。
また、弁護士によっては、業務効率化や企業価値の向上について、法律の知識をもってサポートしてくれる場合もあります。業務上のルールを整えるだけで、スムーズな業務および業績の向上が可能になります。これらにおいても、労働基準法などの法律にきちんと従う必要があり、法的アドバイスが必要です。

このように、顧問弁護士とは、訴訟になった場合以外にも、様々な場面で企業をサポートしてくれるのです。法務部のない会社は得に、企業弁護士との顧問契約を考えてみる価値はあります。